閉じる

木と白のコントラストを
大切にしたデザイン

アーバンテラス南浦和

Concept

日常に変化をもたらす
スタイリッシュな大共用空間

「大人の寛ぎの場」をテーマとしたアーバンテラスシリーズに2棟目が完成しました。約200㎡という公共施設さながらの共用部を誇る、アーバンテラス南浦和です。

建物中央部にキッチンエリア、ダイニングエリア、ラウンジエリア、ワークエリア、インナーテラスを集め、可能な限り仕切り壁を排したことでスタイリッシュな大共用空間をプロデュースしました。

ダイニング&ラウンジエリアには、ぬくもりある無垢材フローリングにシンプル&ナチュラル家具を配置。

ワークエリアは、ほどよく人の存在を感じるガラス張りで作業に没頭できる造りに。

居室は19.31㎡のAタイプを中心に5タイプ全54室。各室シャワールーム&トイレ完備。エアコン、ベッド、机、イス、冷蔵庫などの家具家電付き。

アーバンテラス南浦和には、一人で過ごすときも、シェアメイトと過ごすときも、それぞれの時間を充実させる空間があります。「大人の寛ぎの場」が、あなたの日常に変化をもたらします。

Information 物件情報

広い共用空間で
楽しく仲間と交流する

キッチンエリアにはオシャレで使い勝手のいい無印良品のキッチン家電を揃えました。ラウンジには映画鑑賞会などができるスクリーン、インナーテラスにはハンモックを設置し、シェアメイトと楽しい時間が過ごせるように。ランドリーは館内に2室、洗濯機8台(無料)を設置。
Wi-Fiはラウンジと各居室で利用できます。

間取り図1F 間取り図2F
物件名 URBAN TERRACE 南浦和
所在地 埼玉県さいたま市南区文蔵2-11-15
アクセス 京浜東北線 南浦和駅 徒歩8分/武蔵野線 南浦和駅 徒歩8分
共用設備 キッチンエリア、ダイニングエリア、ラウンジエリア、ワークルーム、インナーテラス、ランドリールーム、共同トイレ(1カ所)、共同シャワー(2カ所)、Wi-Fi(ラウンジ)、シューズBOX
居室設備 エアコン、シャワールーム、トイレ、収納、冷蔵庫、ベッド、机、いす、カーテン、Wi-Fi
構造 鉄骨造3階建て
駐輪場 有(申出必須)
A Type

A Type

B Type

B Type

賃料 A Type 107〜110、202〜211、213〜222
302〜307、309〜311、313〜322
19.31㎡ 52,000円/月
201、212、301、312
19.31㎡ 53,000円/月
303、319
19.31㎡ 49,000円/月
B Type 101 20.86㎡ 58,000円/月
C Type 102 19.29㎡ 55,000円/月
D Type 103 20.76㎡ 56,000円/月
E Type 104〜106、308 19.31㎡ 55,000円/月
礼金 30,000円 管理費 6,000円
敷金 60,000円 水光熱費 10,000円(消費税別)
契約期間 最低契約期間3カ月以上(1年更新) 管理 巡回(訪問頻度:週5回程度)
基本ルール 館内禁煙。友人の宿泊不可。

Access ターミナルへのアクセスと周辺環境

ターミナルへのアクセスと周辺環境

アーバンテラス南浦和から最寄りの南浦和駅までは徒歩約8分。南浦和駅には京浜東北線と武蔵野線が乗り入れています。京浜東北線を利用した主要ターミナルへのアクセスは、大宮へ約11分、赤羽へ約12分、池袋へ約26分、新宿へ約32分、渋谷へ約38分、上野へ約26分、東京へ約33分。また、南浦和駅からは京浜東北線の始発電車が出ています(6時~7時台各6本/1時間)。武蔵野線では、朝霞台へ約16分、西国分寺へ約28分、巨大ショッピングモールがある越谷レイクタウンへ約14分、東京ディズニーランドがある舞浜へ約57分でアクセスできます。このように都心へのアクセスをはじめ、埼玉県内や千葉県内、東京武蔵野エリアへ好アクセスがアーバンテラス南浦和のメリット。一方向ではなく、あちこち動き回るアクティブな方にマッチします。
南浦和駅前には丸広百貨店。物件周辺には飲食店やコンビニ、美容室、カフェ、100円ショップなど。徒歩2分のみたけ湯はお風呂好きにおすすめです。

News お知らせ

お知らせ一覧

Contact お問い合わせ

お電話での
お問い合わせ

03-5289-3451

ご対応時間:9:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

WEBからの
お問い合わせ

見学・資料請求等はこちら

私たち共立メンテナンスは、1979年の設立以来、学生会館、社員寮、リゾート/ビジネスホテルを中心に事業を展開してまいりました。
当社が大切に考えているのは、創業時の学生会館事業から培ってきた「お世話する心」。人と人とがコミュニケーションしやすい心地よい空間をプロデュースすることです。
近年は変化する社会環境を見据え、シニアライフ事業やPKP事業(公共サービスの提供)など、新しい事業にも邁進しています。